キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2016/03/03
ホルモンを故意的に投与して避妊するアイピルについての情報を更新しました。
◆2016/02/25
妊娠予防につながるアイピルの個人輸入を新規投稿しました。
◆2016/02/25
生理周期に作用するアイピルを新規投稿しました。
◆2016/02/25
女性に支持されているアイピルを新規投稿しました。
◆2016/02/25
アイピル服用後嘔吐状態が続いたら病院へを新規投稿しました。

ホルモンを故意的に投与して避妊するアイピルについて

Pocket
email this
Share on GREE

アイピルはピルの中でも特に緊急度の高い場合の、即効性が高い種類に入ります。

妊娠したかもしれない、避妊できていない場合にはそれを回避させることができます。

避妊していたとしても

残念なことに、避妊していたとしても数パーセントの確率で実は妊娠している人はいるといわれています。

コンドームの避妊率は100パーセントだと思っている人も多いのですが、実際は100パーセントではないのです。

実際コンドームの避妊率は80パーセントにとどまり、残りノ20パーセントの人は何らかの事情で妊娠しているというのです。

この事情は様々で、正しく付けられていなかったとか、付ける前に精子が体内に入ってしまった、破れていたなどの理由があり様々ですが、100パーセントではない限りは妊娠する可能性はあることになります。

避妊率を上げるためには

避妊率を上げるためにはコンドームだけの避妊では危険であるということになります。またコンドームというのは男性が主体として避妊することとなりますので女性は男性に任せる形です。

そうなると女性主体の避妊をすることができないことになります。

ですから、避妊率を高め、女性も自分の意思で避妊をしようと思ったらしっかりと避妊をすることが重要ですし、女性主体のピルを使うなどの避妊方法をとる必要があるでしょう。

ピルの種類もいろいろ

ピルはホルモンを投与して避妊をすることになるのですが、このホルモンの量によって、飲むタイミングも種類も違ってきます。

例えば一般的にピルといえば先ほどから何度か出ていますが、低用量ピルのことを指すことが多いでしょう。

低用量ピルは、モーニングアフターピルとは違って日頃から飲み続けるという特徴があります。日頃から服用しているので、いつ性行為をしたとしても妊娠することはありません。

そして薬の服用をやめればすぐに妊娠可能になるという可逆性があるというメリットもあります。

投与されるホルモンの量が低用量であることから低用量ピルと言われていて、28日周期で換算した場合に、21日間はピルを飲み続けて、残りの7日間は飲まない、またはピルではない成分の薬を飲み忘れを防止するために飲むということになります。

緊急的なピル

緊急的な事態で効果を発揮してくれるのが緊急避妊薬とも言われているモーニングアフターピルです。

モーニングアフターピルは万が一避妊せずに性行為をしてしまった、否認していたけれど失敗していたという場合でもすぐに服用することで事後でも避妊することができるというものになります。これなら女性が主体ではない避妊で普段から性行為をしていて望まない妊娠をしたかもしれないと不安に思うこともありません。

主成分について

主成分はレボノルゲストレルという成分です。

これは女性ホルモンであるエストロゲン、そしてプロゲステロンが入っているホルモンの薬と考えていでしょう。緊急避妊に高い効果を発揮してくれることが分かっています。

どのような働きを体内でするのかといえば、下垂体という脳の部分に働きかけてエストロゲン、プロゲステロンの分泌を抑えます。

これらはもともと体内で分泌されているホルモンなのですが、これらの分泌を抑えることによって体の中では排卵がストップされます。

排卵されなければ妊娠はしませんので、その結果避妊することになります。

そしてエストロゲン、プロゲステロンが分泌されることを抑えること以外にも子宮内膜、頚管粘膜などの状態も通常とは違う形にします。

粘膜の分泌を抑えますので、精子が子宮に届きやすく粘膜はされているのですがそれを阻止しますので、精子が子宮まで入ってこられなくなります万が一排卵してしまったとしても精子と受精しなければ大丈夫なのです。

受精してしまったらどうするのか、更にまだ効果があります。万が一受精したとしても着床しなければ妊娠にはいたりません。

この薬を飲んでいると着床しにくい状態にしてくれますので、受精卵がもしできたとしても着床しないのでそのまま排泄されることになります。

子宮内膜を剥がしてしまいますので、コンディションとしては悪く着床することはありません。

入手の方法

通常は国内でも産婦人科へ行き、診察を受けて医師の処方を受けることで入手できます。

しかし最近はインターネットでの取り扱いもありますので『 ピル 通販 海外 』で購入することも可能となっています。

手軽にインターネットから注文をして入手し、万が一の時に備えるということもできますので、ぜひチェックしておくといいでしょう。

女性が望まない妊娠で心を痛める前に、性行為後でも間に合う避妊薬、それがモーニングアフターピルです。

女性にとってはお守りのような形で安心させてくれますので服用している女性、持ち歩いている女性が増えています。

Pocket
email this
Share on GREE

▲PAGE TOP