キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2016/03/03
ホルモンを故意的に投与して避妊するアイピルについての情報を更新しました。
◆2016/02/25
妊娠予防につながるアイピルの個人輸入を新規投稿しました。
◆2016/02/25
生理周期に作用するアイピルを新規投稿しました。
◆2016/02/25
女性に支持されているアイピルを新規投稿しました。
◆2016/02/25
アイピル服用後嘔吐状態が続いたら病院へを新規投稿しました。

アイピル服用後嘔吐状態が続いたら病院へ

Pocket
email this
Share on GREE

アイピルは薬ですから副作用もありますし、少し重い副作用に悩む人もいると言われています。

ここではどのような副作用があるのか見ていきましょう。

吐き気が継続する様であれば
服用後現れて多くの人が実感した副作用があります。それは吐き気、頭痛、めまいです。飲んでしばらくすると強い吐き気が襲って来るというのです。吐き気はすぐに治まる人もいれば、2-3時間後に治まる人もいますし、場合によってはそのまま嘔吐してしまうケースもあります。嘔吐してしまうと少し厄介なことがありますので、後でそのことについて触れたいと思います。頭痛も飲んでからしばらく現れるという人もいて、頭痛に伴ってめまいもするとのことですので、服用後しばらくは横になっていないといけない人も多いとのことです。もちろんこれらは主な副作用ですので、それ以外の副作用が現れる人もいますし、全く副作用が現れないという人もいますので、出方は様々です。

副作用により嘔吐した場合には
副作用によって嘔吐してしまった場合には、そのタイミングは服用後どれくらい経過しているのか考えましょう。なぜなら服用して体に薬の成分が吸収される前に嘔吐してしまったのであれば薬を飲んでも効果は現れませんので、妊娠してしまうでしょう。薬を飲んで少なくとも3時間以上経過していれば、薬は体内に入って効果を発揮してくれると考えられますので大丈夫ですが、そうではない場合は、飲んだと思い込んでいても体内への吸収はされていない可能性が高いですので十分に注意しましょう。その場合、もう一度服用したほうが安全です。それでも吐いてしまう場合は、医療機関へ行きましょう。医療機関では吐き気止めを処方してくれます。

副作用がひどい人へ
飲み始めてからしばらく続く一過性の副作用ではありますが、人によってはとても強く出てしまい耐えられない人もいます。日常生活に支障が出るほどの副作用が出ている場合には、早めに医療機関へいき受診することをおすすめします。場合によっては服用を中止しなければいけないこともあります。

緊急避妊薬として知られている薬ですが、多くの人が少なからず副作用を体感していますので、もしこれから服用しようと思っている人は、その副作用について十分に気をつけた上で服用しましょう。

Pocket
email this
Share on GREE

▲PAGE TOP