キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2016/03/03
ホルモンを故意的に投与して避妊するアイピルについての情報を更新しました。
◆2016/02/25
妊娠予防につながるアイピルの個人輸入を新規投稿しました。
◆2016/02/25
生理周期に作用するアイピルを新規投稿しました。
◆2016/02/25
女性に支持されているアイピルを新規投稿しました。
◆2016/02/25
アイピル服用後嘔吐状態が続いたら病院へを新規投稿しました。

女性に支持されているアイピル

Pocket
email this
Share on GREE

アイピルは薬ですので、通常は医師の診断のもと処方箋を書いてもらい薬局で受け取る流れです。

しかし最近はインターネットの個人輸入代行店でも取り扱いがありますので、ネットショッピングをする感覚で入手できるようになりました。

ピルの一種モーニングアフターピル
この薬は低用量ピルなどと同じピルの一種です。性行為をする際は妊娠を望まないのであれば避妊をするかと思います。しかしコンドームをつけていてもその避妊率は実に80パーセントにしかなりません。20パーセントは妊娠する可能性が残っています。そこで男性主体の避妊ではなく、女性も主体的に避妊をすることができるようにするために作られたのが低用量ピルです。低用量ピルを服用していれば性行為をいつするにしても避妊している状態を維持することができます。しかし低用量ピルは、飲んだことがある人は知っているかもしれませんが、薬の飲み忘れが多く、煩わしさがあります。28日周期で7日間だけを除き他は毎日薬を飲み続けなければいけませんし、7日間休止する期間があることで再開することを忘れてしまったりして、服薬管理が意外と大変との声が上がっています。

煩わしい服薬管理はない
その点緊急避妊薬ですので、妊娠したかもしれない、避妊に失敗したと自覚したときにだけ飲めばいいので、飲み忘れや日々の服薬管理もなく手軽と言えるでしょう。性行為後24時間以内に服用すればその避妊率は95パーセントととても高いことが分かっていますし、72時間以内に服用しても75パーセントは避妊することができることが分かっていますので、安心です。

インターネットで購入する場合は個人輸入をしている代行サイトから購入することとなりますので、個人輸入代行業者が信頼できる業者であるかどうかは確かめておいたほうがいいでしょう。もしも悪質なサイトだった場合に、粗悪な商品を売りつけられて避妊効果がなければ大変なことになりますので、どこで購入するのかはしっかりと考えておきましょう。

本来ならば産婦人科で処方をしてもらわなければ手に入れることができない薬ですが、インターネットの海外から輸入して販売している会社を利用すれば、産婦人科へ行かなくても手に入れることができて便利です。

Pocket
email this
Share on GREE

▲PAGE TOP