キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2016/03/03
ホルモンを故意的に投与して避妊するアイピルについての情報を更新しました。
◆2016/02/25
妊娠予防につながるアイピルの個人輸入を新規投稿しました。
◆2016/02/25
生理周期に作用するアイピルを新規投稿しました。
◆2016/02/25
女性に支持されているアイピルを新規投稿しました。
◆2016/02/25
アイピル服用後嘔吐状態が続いたら病院へを新規投稿しました。

妊娠予防につながるアイピルの個人輸入

Pocket
email this
Share on GREE

最近はネットで手軽に購入することができるようになりましたが個人で輸入することも可能です。

個人輸入をする際は注意点がいくつかありますので覚えておきましょう。

個人輸入では海外のサイトから購入することになる
インターネットでも購入することができて個人輸入を代行しているサイトもあるのでそちらを利用すれば便利です。しかし手数料が取られたりマージンが上乗せされているのなら、少しでも安く手に入れたいので自力で個人輸入をしたいという人もいるでしょう。そのような場合におすすめなのが個人輸入ですが、する場合にはまずサイトを選ぶところから始める必要があります。海外のサイトはアメリカのサイトであれば英語ですが、その他の国の場合はその国の言葉でホームページが作られています。海外発送も行っていて、海外から輸入する人が多いサイトの場合は母国語とともに英語のサイトも併設してくれていることもありますし、日本語のサイトも用意してくれていることもあるのですが、一般的にアメリカなどで購入するなら英語です。ということは英語をある程度理解していなければ行けませんので注意しましょう。

翻訳サイトを利用する
そのページそのものを翻訳してくれるサイトなどもありますので、英語に自信がない人は、わからないまま手続きを進めるよりは、ほぼ直訳になってしまうかもしれませんが、翻訳サイトなどを利用したほうがわかりやすいかもしれません。アイピルについて質問をしたいという場合も、もちろん英語での質問となりますし答えも英語ですので、翻訳ツールなどを上手に使っていく必要があるでしょう。

少し無理だと思ったら
これらのことが少し無理だと思った人は、最初から個人輸入代行のサイトを利用して購入したほうが安心ですしスムーズに入手できるでしょう。手数料などはもしかすると取られるかもしれませんが、それでも日本語でやりとりをすることができるので、個人で輸入するよりはスムーズではないでしょうか。

産婦人科へいって処方してもらうという方法は時間も手間もかかるのでネットで手軽に購入できますが、個人で輸入にチャレンジして見る場合はよくサイトを読んだ上で購入しなければかえって時間が掛かってしまいますので注意しましょう。

Pocket
email this
Share on GREE

▲PAGE TOP