キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2016/03/03
ホルモンを故意的に投与して避妊するアイピルについての情報を更新しました。
◆2016/02/25
妊娠予防につながるアイピルの個人輸入を新規投稿しました。
◆2016/02/25
生理周期に作用するアイピルを新規投稿しました。
◆2016/02/25
女性に支持されているアイピルを新規投稿しました。
◆2016/02/25
アイピル服用後嘔吐状態が続いたら病院へを新規投稿しました。

生理周期に作用するアイピル

Pocket
email this
Share on GREE

アイピルは避妊の効果がありますが、避妊以外にも効果があることを知っているでしょうか。

生理周期に関係する作用を体の中で起こしてくれる働きもあるのです。

性行為後の服用で避妊する効果
一般的な第一の効果は性行為後に服用しても避妊効果を実感することができるというメリットがあります。効果としてこれが一番で、そのために服用している人は多いでしょう。通常低用量ピルなどは日々飲み続けた上でこの効果を実感することになりますが、この薬は緊急的に単発で服用しても効果を発揮してくれるというメリットがあります。女性にとってはコンドームを使った避妊は男性主体の避妊となりますので、男性が正しくしてくれなければ不安ですし、失敗すればすべて女性に影響が出てきてしまいます。それを阻止してくれるのがこの薬です。

生理周期との関係
緊急避妊薬、モーニングアフターピルは生理周期との関係が高いことでも知られています。生理周期を調整することを目的として使用されることもあり、例えば大事な行事があり整理と重なりそうだというときにはずらすことができるのです。結婚式、旅行、海、温泉などと生理が重なれば不安ですが、それが重ならないようにすることができる特徴があります。生理がこうしたイベントと重なってしまうと気持ちはかなりブルーになりますよね。しかし生理を早めたり遅らせたりすることが可能なのです。

生理をコントロールする
生理を早めるなら生理開始5日目から2週間アイピルを服用し続けます。2週間たってやめれば2日から日で生理が開始されますので、早めることができます。これでコントロールすることで大切なイベントと重なることを回避することができますので、思いっきり楽しむことにつながるのではないでしょうか。使い方については、少々計算なども含みますので、正しく服用することが求められますのでその点は、個人輸入をする人は気をつけましょう。医師の処方を受ける人は説明がありますが個人輸入の場合は自分で判断する必要があります。

避妊の効果以外に、生理周期をコントロールさせる働きがあるのでイベントと、生理が重なりそうだという場合はコントロール目的で使用することが可能です。女性にとって生理の憂鬱を減らすことができます。

Pocket
email this
Share on GREE

▲PAGE TOP